就職活動ブログ

新卒から1年でWEBプランナーに転職

iphone-visa-business-buying-card-cellphone

私がWEBプランナーに転職活動を開始したタイミングは、新卒から働き始めて1年後でした。

そもそも、私は新卒の就職活動時の第一希望はWEB関連業務でしたが、希望通りの結果は得られませんでした。

第二希望の金融関連の仕事に就いていましたが、やはりWEB関連で働きたいという気持ちが強かったため、転職活動を開始しました。

主にインターネットの求人サイトを参考に職を探しました。

プログラマーやデザイナーにも興味があったのですが、要経験の条件があることが多かったです。

私が応募したWEBプランナーは経験なしでも応募できるケースが多かったです。

また、プランナーの企画を考えるという仕事内容の点では、時節のキャンペーンを考える機会があった前職の経験が活かせるのではないかと考えました。

Read more

新卒でWEBマーケティング会社に就職を目指しています

creative-desk-pens-school-1

僕は大学を卒業後はWEBマーケティング関連の仕事に就きたいと思い、1年かけて就活してきました。

ネット検索で偶然ホームページを見つけた小規模な会社の採用情報をチェックして応募したり、新卒専門の就職サイトから、ジャンルで絞って数社に応募しました。

名前を聞いたことがない会社ばかりでしたが、事業内容などや職場の雰囲気の紹介を見て、いいなと思ってエントリーし、就職説明会に参加しました。

同日に日程がかぶることもあり、時間との戦いで、就活って本当に大変だと実感した次第です。

途中退席したら採用に響くのではと感じ、最後まで聞いたうえで次に行けるよう電車の時間を調べたり、スケジュール管理力も養われた感じです。

もっとも、一番の本命は僕も学生時代から登録していたネットリサーチなども手掛ける大手のWEBマーケティング会社です。

知名度も抜群に高いので、応募者も多いですから、どうやって関門を抜ければいいのかかなり悩みました。

いまだに正解は分からないのですが、僕がその時考えたのは人とは違う、あいつは面白いと印象付けようということです。

Read more

WEBやIT関係の仕事を探すなら就職説明会が探しやすい

20445410520_0f8c325f83_b

就職説明会は、企業が新卒や中途採用の人材を獲得するために行なう入社に対しての説明会のことです。

その説明会では沢山の企業が集まってきますが、WEBやIT業界の企業も多い傾向があります。

説明会では企業が学生を集め、優秀な人材を獲得するために行なわれており、そこで積極的に学生にアプローチを行ないます。

実際に自分の行った就職説明会は、バブル崩壊後の就職氷河期と言った時代でデパートの屋上で開催されていたものでした。

受付で大学名や名前などの必要事項を記載して、沢山の企業ブースが各存在するので、そこを訪問し説明を聞いたり質問をしたりするというものです。

様々な企業が合同で行なっているので、学生としては様々なジャンルの業界の話を聞くことが出来るのが優れています。

当時は、WEBやIT関係の仕事は比較的に新しい分類に属する仕事で、しかも設立も浅くまだ知名度もそれほどない業種でした。

学生の人気も2分しており、情報化社会を見越してそういった業界に積極的に志望する方もいれば、その業界自体を避ける方もいました。

今でこそ、WEBやIT系のエンジニアの専門の説明会が盛んに開催されておりますが、当時としてはエンジニアという言葉の響きも珍しく、新鮮な印象があったのを覚えています。

Read more

Web業界未経験で正社員になりたいなら営業職もオススメ

2603529812_da66a9be8e_b

Web業界の正社員求人には、Web制作のスキルやシステム開発のスキルなどが必須であったり、Webマーケティングに精通しているなど専門的な知識やノウハウを求められることも少なくありません。

ですが、未経験でも正社員になれる職種もあります。

その1つが営業職です。

Web業界はパソコンやインターネットを使った作業がイメージされ、営業職と言われてもイメージしにくいかもしれません。

ですが、Web制作の依頼を受けたり、Web広告の出稿依頼を受けたり、開発したコンテンツを売り込むなど、様々な場面で営業職が活躍しているのです。

営業職は他業種で営業経験がある方はもちろん、チャレンジ精神とコミュニケーション力があれば、誰もがチャレンジできる職種です。

期待される人材として認められるよう、自分の過去の経験を振り返ってアピールすることが求められます。

前職でもベンチャー精神を抱いて様々なプロジェクトを達成してきた経験がある場合、さらに自由度の高いWeb業界では活躍できる期待が持てます。

一方、その逆に前職は金融機関や保険会社など制約や規制が多い環境で、なかなか自己実現ができなかったというケースでは、これまで閉じ込めていた想いを新たな会社に賭けたいとアピールしてみましょう。

Read more

LGBTも働きやすい企業の在り方とは

8386252770_3cd50e5de6_b

LGBTとはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとったもので、性的マイノリティーを意味しています。

ゲイバーやショーパブ、タレントなど職業を限定せず、幅広い職場で普通に働ける環境を整えることが、現代の企業には求められています。

国籍や人種、性別や性的指向の多様性を認めるダイバーシティーを推進する職場も増えており、こうした職場は性的マイノリティーを受け入れる環境が整いつつあります。

応募しやすい求人の特徴としては、自分たちには受け入れ態勢があるということを企業側から発信しているかどうかが問われます。

性的なコンプレックスを抱えて悩んでいる本人が、初対面の面接官に、しかも、採用されるかどうか分からない段階でカミングアウトして理解を求めることは非常に難しいことです。

ですが、敢えてその段階でカミングアウトしなくても、我々は採用後に性的マイノリティーを差別しない環境を整えていると公にしてくれていれば、安心して応募ができます。

Read more

Web業界のシステムエンジニアとしてより高みを目指す転職を

13885224116_150c4df65d_b

Web制作やWebマーケティングの現場でも、幅広い領域での専門スキルやノウハウを持つエンジニアが求められています。

たとえば、言語処理や画像処理、音声認識や機械学習などの要素技術に基づく検索システムをはじめとしたコアプログラムの開発が挙げられます。

広告配信のための数理統計モデルの作成や、マルチビッグデータの分析・研究などを行うデータマイニングの分野もあります。

さらにネットワークやサーバー等のインフラの構築から運用のエンジニアも不可欠です。

非常に幅広い領域において専門性はもちろん、チャレンジ精神をも兼ね備えた人材が求められているのです。

また、エンジニア職の場合、現場ごとにモチベーションが異なる特徴があります。

開発チームを希望するなら、今の世の中にない新しいサービスを創出するための高いモチベーションが要求されます。

Read more

WEBプロデューサーを目指すなら、面接が大切です

What's in my bag 01.05.2011

WEB業界での就職を目指す人はコンピューター・WEBシステムに強いことやコツコツと地道な作業が得意であることが特徴だと一般的に考える人が多いでしょう。

反対に言うと、人前で話したりコミュニケーションを取るのが苦手でも良いと思っている人も少なくないかもしれません。

ですが、WEB業界でも人と接する機会は多いですし、それこそが主な業務になる職種もあります。

WEBプロデューサーがまさにそうです。

WEBサイトやシステムを制作するにあたり、まずは依頼する顧客から要望を聞き、それを共に作業するスタッフに伝えなくてはいけません。

さらにメンバーの手配やスケジュール管理、ディレクターやプログラマーに指示を出したり進行具合のチェックをしたり、あらゆる場面で様々な人とやり取りをすることになります。

WEB知識ももちろん必要ですが、いかに的確なコミュニケーションを取れるかが重要です。

WEBプロデューサーとしての採用を目指す場合、この職種を希望する理由や適正をしっかりとアピールできるといいでしょう。

Read more

オールラウンダー、Webデザイナーの面接

2428073698_ebcc314724_b

Web業界は、流行を生み出す役割を担う業界だけあって、職種名や種類の変化も激しい業界です。

SEMコンサルタント、マークアップエンジニア、データサイエンティストなど、去年はなかった職種が今年はあるといった状況です。

そんな中にあって、Web制作の黎明期から中核業務を担ってきたのがWebデザイナーです。

Webデザイナーは、ブラウザやモバイルデバイスの画面上でWebやコンテンツがどのように見えるか、どう映えるかをデザインするのが仕事です。

狭義にはWebディレクターの指揮の下、デザイン部分を統括しますが、広義にはディレクター的業務から素材の制作・管理までを担当します。

Webデザイナーに求められるのはデザインセンスだけではなく、Web技術動向やキャッチアップ能力、マネジメントスキルも求められます。

面接においても、デザイン経験や考え方、Webに関する広範な知識、キャッチアップしていく意欲、ワークフローについての考え方などが問われます。

Webを発注する企業はジャンルも業種・業界も多岐に亘ります。

Read more

Scroll To Top